家計管理の仕方について

我が家は毎月の家計管理をすることは、私が妊娠してから始めました。

てか、2017年8月分から始めました(4か月前・・・)

 

それまでは、お互いの通帳の残高を年に1回確認するだけという・・・

死ぬほどざっくばらんな家計管理だったのです(汗)

まぁなんか増えてるねーみたいな。。。

 

はぁ、つくづくその期間がもったいなかったなー。

夫が非協力的で反発が激しすぎてできなかったのだよ・・・(愚痴)

こづかい制でもなかったし。夫はきっと使い放題でしたよ。私も使い放題だったけど。

 

が!妊娠が発覚し、私は真剣に夫と大喧嘩。

これまでのゆるーい管理は今後はできません!!!!!

と断固として毎月の家計管理を行う方針を提示。

それまでの喧嘩の積み重ねもあり、私の強い意思を感じたのか夫も承諾してくれました。

ありがとう夫!!!

そして今年2017年8月から家計簿をつけることに初めて成功しました!

そして8月~11月までの4か月間、毎月家計管理することができています。

 

これまでの、本当に我が家の家計は大丈夫なのかしら・・・という疑心暗鬼状態から、家計がクリアになったことで少しは安心することができました。

私は両親がお金のことにうるさい家だったので(端的に言えばケチ)、私も生まれ持った貧乏性(夫に言わせればおそらくケチ(笑))が抜けきれずざっくばらんな家計管理はストレスがすごかったです。不安で不安で。

 

しかーし、毎月レシートを眺めて電卓叩くような管理は私はできない。

地道な作業が苦手なもので・・・。

 

なので我が家では、入出金明細を見て引落やキャッシュがでていったものだけを当月の支出として認識するという方法をとっています。

 

家計簿作成の際に確認する項目は以下のものだけです。

・夫と私の給与明細

・夫と私の銀行の入出金明細

・クレジットカード利用明細

・現金で支払ったもののメモ

 

我が家では、食料品の購入など支払いをほぼすべてクレジットカードで行っているため、クレジットカード利用明細を見れば何にいくら使ったのかわかる仕組みになっています。

現金での支払いはほとんどないですが、まれに現金払いのみのお店があるため、その場合は携帯にこまめにメモしてます。それでも月に10件ないと思います。

また、夫にもクレジットカードの家族カードを渡しており、家計で使用するものを購入した場合はその家族カードを使って支払いをしてもらっているので、クレジットカードの利用明細には夫利用分も加味されておりまとめて管理できるので大変便利です。

 

ちなみに、この家計管理を導入するにあたり、夫と私はお互いに各自のお小遣い口座を開設しました。これにより、家計用の口座の引落にお小遣い分の引落が発生することがなくなり、とてもすっきりと使用することができました。

 

上記資料をもとに、エクセルにペコペコ入力していっています。

微妙に銀行の前月残高と当月残高の差が家計簿の収入-支出と合いませんが、あまり深く追求せず大きくズレていなければ良しとしています。

 

8月の初めての家計簿作成時において、

使いすぎや改善すべき項目などを話し合い、以下の改善をすることを夫婦で話し合いました。

 

★改善項目★

・夫の小遣い 6万円→5万円(▲1万円)

 *元々小遣い制ではないですが、夫の言い分の小遣いより1万減らしてもらいました

・夫の趣味(ゴルフレッスン)の解約(▲1万円)

 *子供が産まれるのに土日に自分の趣味にでかけられるのは・・・という理由です

・妻の小遣い 4万円→1万円(▲3万円)

 *働かなくなり小遣いの使い道がなくなるため

・妻の趣味(ジム)の解約(▲1万円)

 *妊娠したためジム通いはできなくなり解約です

・格安スマホの導入 1万8千円→6千円(▲1万2千円)

・日用品の節約 8千円→5千円へ(▲3千円)

・被服費の節約 1万5千円→1万円へ(▲5千円)

wifiの解約(▲4千円)

 *あまり使っていないため

・妻の美容院代の節約 5千円→4千円(▲1千円)

 *2か月に1回1万円から1回8千円の美容院に変更

・クリーニング代の節約 6千円→2千円(▲4千円)

 *妻がアイロンするなどして節約

・夫婦での外食費の節約 3万円→1万5千円(▲1万5千円)

 *これまでおそらくここが使い放題でした。一応上限を設けました。

・食費の増額 3万円→4万円(+1万円) 

 *自炊が増えたため

 

というわけで、9万4千円の減額を行っていくことで合意しました!

まだ解約作業や格安スマホ変更はできていないところもありますし、節約が本当に節約できるかは疑問が残りますが、一応これを目標に頑張ってみたいと考えています。

 

ただ、上記合意を経て、4か月後のいま感じるのは・・・

・食費をもう少し減らしていきたい

 食費がなんだかんだかかりまくっている。ルイボスティーのペットボトルを毎月定期購入しているので、それを止めてパックを使って自分で煮出してお茶をつくるように変更しようと思っています。

・美容院代はもっと節約できる

 2か月に1回も行っていないことがわかりました。3か月に1回5千円のところにいくことにしたので、もっと節約できる予感がしています。夫も2か月に1回6千円のところにいくとしていたのですが、実際は2~3か月に1回4千円くらいしかかかってないみたです。

・化粧品代は全然かかっていない

 化粧品代を別に見込んでいたのですが、今のところ1円も使っていません。

・日用品の節約は難しい

 日用品は全然節約できていません。。。全体的に購入単価が高いものを買っているような気もしています。シャンプーやリンスは1本千円のものを買ってしまっているし。夫用のマウスウォッシュも結構高い。こういったちょっとした贅沢が積み重なって節約できないんでしょうね。でも節約するのもどうかなーと迷ってます。もうちょっと様子見してみます。

・夫婦での外食代はギリギリ

 今は私があまり外出できないにもかかわらずすでに予算ギリギリとなっているため、子供が産まれて家族で出かける機会が増えればきっと月1万5千円では足りない気がしています。

 

などど、今までにない視点でもって生活しています。我が家で良かったところは、最初こそ夫はイヤイヤ参加しているようでしたが、回数を重ねるにつれだんだんと協力的になってくれました。おそらく毎月私がキツキツに家計管理してくると思っていたようですが、ただ毎月の結果の報告を共有するだけのことが多かったからでしょうか?

 

夫の気持ちはすべては分かりませんが、とにかく夫婦協力して夫が参画してくれたことに感謝の気持ちを持っています。

 

夫ありがとう(^^)