妊娠中の仕事のキャリア

妊娠初期のつわり期を経て・・

比較的安定しているといわれる妊娠中期に入りました。

 

つわりが終わった妊娠中期の幸せなことよ(^^)

中期の最初はおなかもまだまだ出てきていなし、普段通りに生活できます。

あんなに辛かった日々が嘘のよう。

 

そして職場へ復帰。

仕事をしている妊婦さんと言うのはいろいろあると思いますが、

うちの会社の場合、妊娠すると仕事は閑職となります。

残業は免除され、就業時間中はサポート役・補佐役と認識され、

重要な打ち合わせにも呼ばれなくなります。

一抹の寂しさは感じるものの・・・わたしはそれはまぁ仕方ないかなと思ってます。

 

≪閑職になっても仕方がないとわたしが思える理由≫

 ・つわりで1か月休職してすでに迷惑かけている

 ・またいつ体調が悪化するかわからない

 ・仕事をがんがん任せて体調崩されて、万が一のことがあったらたまらない

 ・結局あと数か月で産休に入る

 ・産休・育休あけても、どうせ時短勤務

 

上記理由で、妊婦というのは、仕事の負担度を考えるのが難しい存在だと思います。

残念ながら、毎日残業したり、休日出勤を求められるようなヘビーなお仕事は、

良心的な人の集まりの中では、任せるのが難しいと判断されるのではないでしょうか。

私も、毎日残業するようなヘビーな仕事は、今は正直やりたくないなぁ、

と思えていたので、寂しさを覚えつつ、感謝して、その役割に甘んじていました。

ネットなどには、妊婦なのに毎日残業して辛いです、というような声もあるので・・。

 

人により、キャリアから外された!!と感じる人もいるようです。

自分は妊娠してもどう働いていきたいのか、

会社や上司とよく話し合う必要があるのかもしれません。