不妊治療

いやぁ~

ブログ書くの久しぶり・・・

数か月放置していましたが不妊治療を開始してから妊娠までと変化があったので

メモ代わりに時系列にしてブログに記そうかなと思います。

 

2017年4月初旬

 不妊治療を決意。都内の会社から近い病院を予約する。

 夫にはまだ言えず・・・。

 

2017年4月15日(土曜日)

 病院を訪問。激混み!!悩んでいる人多いんだねと実感。

 必要な検査内容と治療ステップについて説明を受ける。

 我が家はレス気味なので、ステップ2の人工受精からやってみたいと相談。

 ちなみに、ステップ1はタイミング法、ステップ3は体外受精・顕微受精です。

 不妊検査しながら不妊治療(人工受精)も可能とのことで、

 年齢的に焦りがあった私は、検査と並行で治療することをお願いする。

 病院のスタッフさんに夫にまだ相談できていないことを伝えると、

 すごく親身にアドバイスをしてくれる。   

 病院でやっている勉強会に夫と一緒に参加するよう先生、スタッフさん両方から

 念押しされ、夫に話そう!という強い思いを持てた。

 

2017年4月中旬

 夫に話す。お気に入りの中華料理屋で外食した際に。

 夫、すんなり承諾。あまり深くは聞いてこない。

 夫もそろそろ子どもが欲しいな~って考えていたのかな??と感じる。

 勉強会にまずは参加しようね。っていうところで話は終わる。

 ただ、ステップ2(人工受精)から始めたい旨は伝えておらず・・・。

 とりあえず検査だね。という感じでした。

 帰り道、いろいろな想いが溢れた私は涙が止まらない。

 安心したのか、不安なのか、夫への怒りなのか自分でもよくわからない感情。

 ただ、泣いた後、ずっとそばで慰めてくれた夫をありがたく思った。

 

2017年5月9日(火曜日)

 仕事帰りに初めて病院を受診。

 いかにも都内で働く女性!っていう人たちが多い。

 年齢は若い人もちらほらいるけど、だいたいが30代中盤かなって感じでした。

 検査をいくつかしてもらう。

 保険が効かないからお値段はそこそこしますね。最初の検査で5万でした。

 お金足りなくてATMでおろしてきちゃいました。カード不可。なんでなんだー。

 検査と同時に治療も開始。

 治療っていっても内診して、排卵があったかどうか確認しただけ。

 排卵した痕跡があるとのことで、きちんと排卵はしていると言われ一安心。

 次に排卵する卵の成長を促進させるためのお薬を処方される。

 

2017年5月13日(土曜日)

 夫と一緒に病院で勉強会に参加。

 勉強会は午後から。午前中内診の予約も入れていた。

 卵の成長を確認してもらう。想定より遅い成長具合らしい。

 卵の成長を促すための注射される。

 そして勉強会。参加した人ほぼ100%夫婦での参加でした。スゴイ。意識高いね。

 妊娠するまでに越えなければいけない数々のステップ。

 妊娠とは簡単なものじゃないというVTRを見てると涙が止まらない。

 妊娠って奇跡みたいなものなんだな・・・と改めて思う。

 先生から年齢の問題について率直にリアルに説明がある。

 私の年齢がすでに簡単に妊娠できる年齢でないこと、夫にわかってもらったと思う。

 AMH値が重要だとの説明を受けたため、帰りに夫に数値どのくらい?

 って聞かれる。まだ検査中で数値わからなかったんだけど、夫に関心を持って

 もらえたことが嬉しかった。参加して良かった!と思った。

 

2017年5月17日(水曜日)

 仕事帰りに一人で病院へ。

 AMH値の検査結果は年齢相当の値。まぁ、可も不可もなくという。

 ひとまず数値が大きく悪くなくて良かった。

 卵の成長具合を確認。今週末あたり排卵になりそうとの説明。

 19日(金)の朝8時にきてくださいね。と当たり前のように指示される。

 えー!!!!19日は別に仕事休めないんですけど!!!

 なんてこったー(涙)今までの努力とお金が・・・。

 不妊治療の厳しい壁にぶちあたる。

 19日は難しそうとモゴモゴ答えると、じゃあタイミング法に変更しますか?と

 あっさり言われる。いや、それだと確実じゃないし・・と躊躇。

 ダメもとで20日の土曜日はダメですか?と先生へ提案。

 なんとあっさりOK。

 若干の不安を感じつつ、初めて人工受精に挑むことになった。

 

 不妊治療って、

 ・卵の成長具合を確認し、排卵時期を特定するため、頻繁に病院に通う必要がある

 ・ステップ2以降は排卵日は必ず仕事を休む必要が出てくる

 土曜日が排卵日だったらいいけど、そんなことコントロールできないし・・。

 働きながらの妊活、不妊治療が大変と言われる理由はまさしくココなのだろう。

 

 帰り道、排卵日がいつになるのか気になっていてもたってもいられなくなる。

 というわけで排卵検査薬を購入!!!

 17日夕方の排卵検査薬は陰性でした。

 

2017年5月18日(木曜日)

 排卵検査薬を試してみる。

 18日の朝、なんと薄い陽性反応が!!!

 えー!!とびっくりしつつ、帰宅後もう一度検査してみると

 18日の夕方、くっきりとした陽性反応!!!

 えーと、これは・・・と冷静になって計算。

 

 排卵検査薬が陽性になって24時間以内に排卵だから・・・ 

 うーんと・・・(熟考中①)

 排卵から24時間以内しか卵は受精機能を維持できないから・・・

 うーんと・・・(熟考中②)

 20日の午前中だと間に合わない可能性高くない!?

 

 こ、これはもう・・・と決意して、帰宅した夫に相談。

 18日の夜、タイミング法を実施。

 本当は人工受精の数日前は禁欲しなくちゃいけないらしいんだけどね・・(汗)

 

 2017年5月20日(土曜日)

 人工受精の日。

 病院から朝8時50分までに病院にくるよう指示されていたので、

 休日の朝から夫には負担かけまくり。申し訳ない気持ちになる・・。

 

 病院には、タイミング法を試みたことと、排卵検査薬の結果をお伝えする。

 そして、この排卵から1日又は2日後の今日、人工受精する意味はあるのかを確認。

 先生的にはOKとのこと。

 人工受精時に、排卵しているかどうかも確認してくださいとお願いする。

 それするとお金かかるけどいいの?と聞かれるが排卵済みなのかどうかすごく

 気になる私としては、お金かかっても確認して欲しかったのでお願いする。

 排卵してるねと先生に言われる。

 やっぱりすでに排卵済みだった。勝手だけど、自分を信じてタイミングとって

 おいて良かった・・・という気持ちになる。

 私は今でも妊娠したのは、18日のタイミング法のときの子だと思ってます。

 

 人工受精後、精子の活動様子についての結果が報告される。

 元気な精子が少ないという結果で、これだと自然妊娠は難しい数値とのこと。

 でも18日にタイミング法したから、精子の数少ないんじゃないのー?

 と素人考えが浮かぶ

 なんかわたし基本的にアンチ病院。全然言うこと聞かないタイプです(笑)

 

 なお、病院に対し納得がいかないことが一つ。

 人工授精後に排卵を促すためのお薬(吸引器)を処方されたこと。

 

 排卵済みなのに排卵を促すためのお薬って・・・意味がわからない(汗)

 スタッフさんに確認したが『必要なんです、先生の指示です!』の一点張り。

 なんか人目も気になるし、もぉいいやって感じで大人しく処方されてきました。

 ねぇ、このお薬ネットでも調べたけど、排卵を促すためってしか書いてないよ。

 

 私が思うに、この病院、いつもは人工受精時に排卵の有無はチェックしないし、

 排卵直前に人工受精することを想定しているケースが多いから、いつも通りに

 排卵を促すお薬を処方したんじゃないかな?と思う。

 でも、私はイレギュラーで排卵確認してもらったから、やっぱりこのお薬は

 必要なかったんだじゃないかなと思う。

 高いお金出しているんだからー・・とちょっと病院に不信感を持っちゃいました。

 

2017年5月下旬

 フライング検査やりまくる。

 いや、まじで、この頃妊娠したかどうか気になってしょうがなくなります。

 同じく不妊治療中の人のブログや、妊活中の人のブログを読むと

 みんなフライングで妊娠検査薬使いまくってますよね。気持ちわかる!

 私も例に漏れず、我慢できずにやっちゃってました。

 以下、フライング検査含む妊娠検査薬の結果について時系列で記載していきます。

 ※排卵日は排卵検査薬を信じて18日として記載してます。 

 ※使用した妊娠検査薬は薬局で販売されているクリアブルーです。

 

 5/25 排卵日から8日後 生理予定日の7日前

    超フライングの場合これくらいから薄ら反応があるとのこと。

    が、真っ白!!!! 

    そりゃそーだよね。早すぎたかと反省。

 

 5/26 排卵日から9日後 生理予定日の6日前

    今日は病院の日。でも、念のためもう一回フライング(笑)

    そしたらなんと!超超超うっすら線が!!!!!

    わー!妊娠したかも~と狂喜乱舞。

    病院で先生に伝える。うっすら陽性反応が出てるんですけど・・と。

    先生&スタッフ首をかしげる。いや、未だ反応する時期じゃないと。

    受精した日が先生たちの考える人工受精の日なら早すぎる反応だけど、

    タイミング法の日であればこの反応もありえるかもと一人納得。

 

 5/27 排卵日から10日後 生理予定日の5日前

    少しでも線が濃くなってないかなーと思い、さらにフライング(汗)

    でも昨日よりも薄くなっていないか!?と思える線・・・。

    線が薄くなったことで、ずーんと落ち込む。

    化学流産?と思えてきてネットで調べまくる。

 

 5/28 排卵日から11日後 生理予定日の4日前

    再度フライング検査。

    線の幅は若干太くなったような気がする。

    ただ、線自体の濃さは変わらない・・・。

    しかも時間が経つとどんどん線が薄くなっていく・・・。

    線が濃くなっていないこと、時間とともに線が薄くなることにより

    ますます心配&不安になる。

    着床しようと頑張ったけど、上手く着床できなかったのかもしれない。

    どんどん濃くなったというブログ報告が多いため落ち込む。

 

 5/29 排卵日から12日後 生理予定日の3日前

    お金もかかるし、また薄くなっていったら落ち込むし・・・。

    というわけで、この日はフライング検査をぐっと我慢。

    ただ、フライング検査している方の情報をネットで検索しまくり(笑)

 

  5/30 排卵日から13日後 生理予定日の2日前

    この日もフライング検査をぐっと我慢。

    フライングしようがしまいが、妊娠するときはするし!!

    と気持ちを切り替えるように努める。

 

 5/31 排卵日から14日後 生理予定日の日

    生理予定日に妊娠検査薬のフライングする人は多いみたい。

    生理予定日記念(?)ということで、再度わたしも検査。

    前に比べてちょっと濃いかな?太いかな?という線。

    フライング検査ブログを読むと、

    前日比で変化なくてもOK、数日前と比べて濃くなっているかどうかが重要。

    と書いてあったため、過去の検査薬の写真と見比べてみる。

    うん。やっぱり濃くなっている。

    妊娠しているのかも・・・と信じられるようになる。

 

 6/8  生理予定日から1週間後(夫に妊娠を報告)

    本来ならこの日が正しい妊娠検査薬使用日。

    フライング検査はこの間したりしなかったりしていたが、

    この日は必ず検査して、陽性なら夫に伝えようと決めていた。

    検査してみると、まさしくパッケージにあるようなくっきりとした陽性反応!

    嬉しさと、安堵と、いろいろな感情が巻き起こる。

    夫が帰宅し、意を決し、妊娠したかもしれないことを伝える。

    夫の反応は「そうか~。でも、まだわかなんないよね。」という

    冷静な反応だった。

 

    実は我が家は数年前、同じように妊娠の陽性反応が出たことがあった。

 

    あれ?生理がこない?

    というよくあるパターンでの妊娠検査薬での陽性反応だった。

    今から思えば、その陽性反応はすごく薄いものだった。

    ただ、まだ十分な知識がなかった私は、薄い陽性反応でも妊娠は妊娠だ!

    と大喜びし、夫に「妊娠している!」と報告した。

    電話での報告だったんだけど、夫はすごく嬉しそうだった。

    で、すぐ近くの婦人科に行ったところ、着床はしているから陽性反応が

    出ていると思うんだけど、胎嚢や心拍の確認ができないから妊娠の確定

    は出せないと言われて、初めて「化学流産」について知ったのだった。

    結局、その1週間後くらいに重い生理が来て妊娠には至らなかった。

    夫はその時の記憶があるから、「まだわからない」と言ったんだと思う。

    過去にダメだった記憶があるんだもんね。

 

    私もその時の記憶があるから、無事に育ってくれるか本当に心配だった。

    近くの神社でお参りする。無事に育ってくれるようにって。

    

2017年6月12日(5w4d)

 胎嚢確認。

 くっきり陽性反応がでてからの初めての病院。

 夫も一緒だった。内診してもらうと胎嚢が確認できた!

 前回の化学流産の時には、胎嚢は確認できなかったから本当に嬉しかった。

 ふと病院に設置されているテレビを見ると、上野動物園のパンダが妊娠判明!

 上野パンダに不思議な縁を感じる(笑)

 先生には、胎嚢は1個しか確認できてない。排卵は3個はしているはずだから

 まだまだ増えるかもと言われてビビる。まさか、双子?三つ子!?

 不妊治療のケースだと排卵数が増えて、多胎児が増えるというから心配になる。

 我が家の経済状態で双子って大丈夫なのかしら・・と。

 

2017年6月20日(6w5d)

 心拍確認。

 病院で胎嚢が確認されたのち、心拍も確認される。

 本当に本当に安堵する。

 あぁ、良かった。無事に心臓が動いているんだ(涙)と。

 ほかの胎嚢は確認できなかったので、今回無事に着床できたのはこの子のみ。

 排卵数は3個というのだから、やっぱり妊娠は奇跡なんだなと思った。

 夫にエコー写真を見せる。なんか黒い丸が写っているね。という謎の反応だった。

 

 心拍が確認できたことで、一応、妊娠は確定したことになるらしい。

 先生から母子手帳をもらってくるように言われる。

 本当に妊娠したんだ・・・と信じられない気持ちになりました。

 

 一旦、不妊治療から妊娠確定までのブログはここまでとします。

 次は妊娠生活について、ブログに綴っていこうと思います♪